So-net無料ブログ作成
検索選択

実走にむけて練習用ホイールその他バンバン購入(GTローラーだけじゃね) [バイク]

今日も元気にGTローラー(こればっかり)。

しかしそうも言ってられません。
あったかくなってきたし、ぼちぼちトライアスロン初戦も近づいてきたし、でお外をちゃんと走りませんとね。

ペダリングとかフォームうんぬんの前に、曲がる、止まるとかの基本を少しはやっておかないと、レースで周りの人に迷惑をかけちゃいます。

実走を気軽に行うために、以下の対策をとりました。

(1)実走用鉄下駄ホイールとスプロケ購入

(2)実走用25cタイヤ購入

(3)スピードセンサー用マグネット購入

対策というか、お買い物というか…。


まず(1)実走用鉄下駄ホイールとスプロケ購入

私、普段使いのホイールとしては完成車購入時点からついていた、シマノのR500(もちろんクリンチャー)をいまだに使ってます。
鉄下駄といわれるホイールですが、練習から軽いホイールで楽をする理由もないので、そのまま使ってます。
で、レース本番ではここぞとばかりに、カーボンホイール(埼玉サイクルエキスポにて特価で購入したスフィーダ)にチューブラータイヤで挑みます。

さて、問題は現在この練習用ホイール(後輪)に、ローラー専用タイヤ「コンチネンタルホームトレーナー」を履かせていること。
GTローラーでの快適性静粛性を優先してそうしています。
いや、ほんとこのタイヤはGTローラーのグロータックが推奨するだけあって、ほんとに静かになってストレスなくトレーニングができます。

【返品保証】 コンチネンタル ホームトレーナー Continental HOME TRAINER ロードバイク タイヤ (700X23C) 【あす楽】02P03Dec16 0824楽天カード分割 1201_flash

価格:3,850円
(2017/1/9 06:25時点)


しかしながら、このタイヤではお外は走れません。
かと言って、よーし今日は外を走るか!と思ってから、よいしょよいしょとタイヤの付け替えをするのは現実的ではありません。
そんなことをしていたら、貴重な練習時間があっという間になくなってしまいます。
これではますます実走のハードルが高くなってしまいます。

かといって、本番用ホイールを日常的に使う気にもなりません。
これはこれで、ブレーキシューをカーボン用に付け替えないといけませんし、高価なチューブラータイヤをパンクさせたくありません。
もちろんレース直近では、本番用ホイールとタイヤで走っておく必要がありますが、いま考えなければいけないのは普段の練習のこと。

解決策はただひとつ。
練習用ホイールをもうひとつ買って実走用タイヤを履かせておく!
これしかありません。

大人は金で解決だ!といばるほどのことではありません。
と言うのも、買うのは、リアホイールだけでいいんです。
GTローラーは前輪を外してセットするので、ローラー用タイヤを履かせているのはリアホイールだけですから。

正直いま使ってるのと同じR500で十分だなと思って、エントリーモデルを探しました。
それで知ったのですが、いつの間にかR500は廃盤になっていたんですね。
私がバイクを購入してから、時代は進み、気づけば11速がスタンダードに。
シマノもR500に相当する11速用ホイールとしてRS010というのを発売していました。
これでも付属のスペーサーをかませれば10速で使えるということなので、これを購入!(リアホイールのみ)

WH-RS010-R リアのみ シマノ ホイール クリンチャー シマノ8-11s対応 (EWHRS010RCB) クイックレバー付属 ホイールバッグ無し 自転車 bebike

価格:7,452円
(2017/4/18 06:58時点)



さらにカセットスプロケも必要になります。
これも10速用を選ばないといけません。
今使ってるのと同じシマノの105シリーズの12-25T(CS5700)を探しに、ワイズロード上野アサゾー店に行ってみると、残り一個だけありました。危ない危ない。

《即納》SHIMANO 105 CS-5700 CassetteSprocket シマノ105 CS5700 カセットスプロケット[ロードバイク用][スプロケット]

価格:4,309円
(2017/4/18 07:00時点)




さて、次に(2)実走用25cタイヤ購入、です。
今まで使っていた実走用タイヤはミシュランのLITHION2の23Cでした。
もう何年も履いていて、いい加減すり減ってきたので、これを機に新しくすることに。

これも贅沢はいいません。
パンクに強く、耐久性があって、ガンガン使えれば何でもいいんです。
そういう意味では、このLITHION2は昔お店の人にすすめられて買ったのですが、ノーパンクで問題なく使えていたので、お値段も手ごろだしまたこれにしようかと。
でも、せっかくなので、今はやりの太めタイヤ25Cを使ってみたいという気持ちもあり、ネットで調べると、ちゃんと25CのLITHION2もありました。
というわけで、ぽちっと。

MICHELIN ミシュラン LITHION 2 V2 D-GRY 700X25C クリンチャータイヤ

価格:3,197円
(2017/4/18 07:01時点)



あ、チューブはパンク用のスペアがあったのでそれを使うことにしましたが、またスペアが必要になるので、結局買い足しました。
ちょこちょこお金がかかりますね。


よーし、これで完璧!と思ったのですが、忘れていたことがありました。
(3)スピードセンサー用マグネット購入

そう、ローラーで使う時も感知してもらわないといけないので、私サイコン(PolarのRC3GPS)のスピードセンサーはリアホイールで感知するようにしています。
つまり、リアホイールにセンサー用マグネットをつけなければいけません。
当然ながら、これもローラー用ホイールと実走用ホイールでいちいち付け替えて、センサーが感知できる位置に調整して…、なんてことをやってるわけにはいきません。

Poloarの正規品を買おうとすると、単なる磁石が864円。うむむ。

調べると、耳寄りな情報を公開してくれているブログがありました(こちら)。
おぉ、ありがたい。
さっそく紹介されている二六製作所さんで、ネオジム磁石「NK022」10mm×3mm×3mm(94円!)と、自己癒着テープを購入。
送料無料ですし、どうなっているんでしょう。安すぎます。
結局多めに買って、ローラー用ホイールとレース用ホイールにも取り付けることにしました。
送られてきたものも、とても丁寧に梱包されていましたよ。

こいつをホイールRS010に取り付けて、センサーの動作確認をして準備万端!
いつでも出撃完了!と相成りました。

しかし、それから毎週のように週末にかぎって雨、という日が続くことになるとは思いもしませんでした…。
久々の実走の話はまたあらためて(別にひっぱることではないのですが、長くなったので…)。


日々のトレーニングなどをつぶやいてます。トライアスリート、サイクリスト、ランナーの方々、よろしければフォローしてみてくださいませ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました