So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

レースに向けてカフェイン抜いてみます。 [体調、コンディション]

さぁ、今週末はうつくしまトライアスロン。

もはやできることはたいしてありません。
今から急に足が速くなったりはしませんからね。

ちゃんと食べてちゃんと寝て、フレッシュな状態で挑むのみです。
トレーニングは、時間短めで少し刺激を入れるぐらいかな。
あ、でも、バイクの実走だけはやっておきたいと思っています。

カーボンローディングとかはあまり考えずに、普通にバランスよく食事をしようと思っているのですが、それとは別にカフェインは控えてみようと思っています。

カフェインはかつてはドーピング対象成分だったというぐらいで、その興奮作用でパフォーマンスが最大限に発揮できるといいます。
しばらくカフェインを控えて、本番当日に摂取することで、その効果を引き出そうというのがカフェイン抜き(and 当日摂取)のよく言われる目的です。

ただ、カフェイン抜きは去年の昭和記念公園トライアスロン前にも行ってみたんですが、正直やってもやらなくても一緒だったかな、という感想でした。
(「目標レースを終えて今後の方針(ここらで一旦考えよう)」参照)

だからもうやらなくていいかな、と思っていたのですが、こんな記事を見つけました。

”熱中症対策に!ウォーターローディングを行い、暑い夏でもトライアスロンを楽しもう!”
なるほど、カフェインによる水分排出作用がウォーターローディングの邪魔をするということですね。
一理あるな、と思いました。

うつくしまトライアスロンも例年暑さとの戦いになっているので、ウォーターローディングは重要かと。

そういう意味で、また今年も一週間前からカフェインを控えてみようと思ったわけであります。
はてさて、効果のほどは?


どうしてもコーヒー飲みたくなったらデカフェですな。

(200gVer)カフェインレスお試し珈琲福袋 (Dマンデ×2・Dコロ×2/各200g)/ノンカフェイン

価格:2,698円
(2017/8/21 07:01時点)




日々のトレーニングなどをつぶやいてます。トライアスリート、サイクリスト、ランナーの方々、よろしければフォローしてみてくださいませ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。