So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
レース ブログトップ
前の5件 | -

うつくしまトライアスロンエントリー!LAWSONのエントリーシステムもうやめて…。 [レース]

バラモンキングやらセントレアやら、今年も盛り上がってきましたね。

私もこうしちゃいられません!
今年のメインレース、福島会津で行われるうつくしまトライアスロン大会のエントリーが6月11日に始まったので、早速申し込みました!
先着順なので、出場はほぼ決定したのかな?

それにしても、エントリーシステムのLAWSON DO SPORTS…。
これ、何とかなりませんかね。

パスワード設定から始まり、ひたすら記入項目が続き、クレジット決済にしたのでカード番号やら何やらすべて入力して、最後に進むを押したら

エラー!!

もう一度はじめからやり直してください。

ぐがが。

仕方ないので、もう一度同じことをひたすら入力して、ポチッと。

エラー!!

もう一度はじめからやり直してください。

ぐがが。

しかもよく見ると、カード決済が行われてしまっている可能性があるのでご確認ください、的なメッセージも!!

いやいやいやいや。
勘弁してくれぃ。

エントリーが行われたかどうかを確認するマイページを探して入るのに、また一苦労。

もういやだ……。
システム利用料までとるくせに、何だこの使いにくさは…。

しかし、ここでくじけては今年のメインレースが…。

それまでPCでやっていたのを、スマホでやり直してみることに。
入力しにくくて嫌なんですけどね。

またひたすら同じ項目に入力を続けて(なんだろう、この無間地獄は?)と思いつつ。
で、またカード決済されたかどうかあやふやになるのはもうこりごりなので、今度はLAWSONのロッピーで自分で入金、を選びました。

今度こそ最後まで行けたのでやれやれ。
近くにLAWSONないんだよなぁ。はぁ…。

その後、勢いで9月の東京立川・昭和記念公園トライアスロン大会チームケンズカップにもエントリー!
こちらは、実はもともと出る気がなかったのですが、5月の横浜トライアスロン(スプリント)がまさかの体調不良でDNSに終わってしまったので(「横浜トライアスロン、無念のDNS」参照)、急遽スプリントの大会を追加することにしたのです。
スタンダード一本、スプリント一本はやりたかったので。
スプリントと言えどもトライアスロンのエントリー費用は決して安いものではないので、家計には申し訳ないのですが。

昭和記念公園の開催日は、うつくしまが終わって2週間後なので、うまくうつくしまにピークを持っていけていれば、その体力のままのぞめるかなとの目算もあり(そんなにうまくいくかな)。
それにしてもLAWSONシステムに振り回されたあと後だったので、こちらのエントリーは死ぬほど簡単に感じました。

というわけで、今年の出場大会は、8月終わりのうつくしまと、9月始めの昭和記念公園に決まりです!
それまでにできることをやる!
今は3週間のノートレで落ちた体力、走力、泳力をじわじわ元のレベルまで戻そうとしているところです。
そこからもう一段階上のレベルに引き上げたいのですが、まずは元のレベル(5月の時の)までこないと先に進みません。焦るな自分!(と言い聞かせないと焦ります)

最後に。
うつくしまトライアスロン大会事務局ならびに他の大会関係者のみなさま、LAWSONのエントリーシステムは、もう勘弁してくれませんかね。
せめて郵送も可、とか別の選択肢も用意してはもらえないでしょうか。

さらに後日談。
すっかりエントリー終わった気になっていましたが、ロッピーでの肝心の入金のことをすっかり失念していたため、忠告メールが届いて慌ててLAWSONに駆け込んだ私でした。危ない危ない。

【全品ポイント10倍★6/17(土)19時~要楽天カード決済&エントリー】【在庫あり】【送料無料】プロファイルデザイン RM(リアマウント) SYSTEM 1 ブラック (ACRM21)

価格:6,390円
(2017/6/17 15:52時点)
感想(1件)

そろそろ、こういうボトルケージ欲しいなぁ。トライアスリートっぽいからね。


日々のトレーニングなどをつぶやいてます。トライアスリート、サイクリスト、ランナーの方々、よろしければフォローしてみてくださいませ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

うつくしまトラにレンタカーは必須か? [レース]

今年のメインレース(51.5km)は、8月末のうつくしまトライアスロン(福島)が第一候補となりました。

自宅が埼玉なので、福島・会津はそこまで遠いという印象はありません。
しかし、そこは一歳児(あ、でもレースの時にはもう二歳だ!おどろき!)をつれての遠征ですから、そう簡単にはいかないでしょう。
今からあれこれシュミレーションしています。

問題となるのは、まず荷物の多さです。
ただでさえ三種目もこなすトライアスロンは荷物が大量になるのに加えて、子供のお泊り用の荷物があるので、妻と二人で移動していた時のように気楽にはいきません。

もう一つの問題は移動方法。
といっても、車か電車かの二択ですが。

車にすれば、ひとつめの問題の荷物の多さはさほど気にならなくなります。
(マイカーがないのでレンタカー)
しかし、娘はチャイルドシートが苦手。
先月沖縄に行った時は、やはりレンタカーで移動したのですが、泣くわ叫ぶわで隣であやしていた妻がぐったり。
会津まで行くのも3時間以上車に乗せてないといけないから、かなり心配です。
そりゃ嫌ですよね、ずっと動けずに固定されるのは。

それと車だと運転するのは自分になるのですが、普段運転してないのもあって長距離は結構疲れるんですよね。
前に群馬の榛名湖トライアスロンに、やはりレンタカーで行ったことがあるのですが、行きはともかく、レースを終えた体で渋滞にまきこまれながら運転して帰ったのがえらいしんどかった記憶があります。

その点は、そのまた前に千葉の館山トライアスロンに電車でいった時の方が、帰りの車中から打ち上げのビールを飲んでのびのびできたので、よかったですね。

しかし、電車は電車で簡単ではありません。
上記の通り、今まで以上の荷物&幼児がいるので、以前のように輪行袋に入れたバイクをかつぎながら大移動するのはおそらく不可能。
娘は元気があればあったでどこでも走っていっちゃうので目が離せないですし、疲れたら疲れたで抱っこで運んであげなくてはいけません。ベビーカーを持っていったらそれはそれでさらに大荷物。

解決策として、思いついたのがバイクの事前輸送。
現地までポーンと送っちゃえばいいんだ、と。
ある程度の出費は目をつむればいいや、と。
ウェットスーツやら何やらも輸送箱につめこんでしまえば、当日はかなり楽になるはず!
そう思って、もうバイクポーターでも購入してしまおうとしていたのですが…。

うつくしまトライアスロンは、スタートとゴール地点が違うやや特殊なコース。
いざ、電車で行った場合の行程を具体的に書き出してみると、かなりややこしいことが判明しました。

まず前日受付。
大会前日に受付と競技説明会、そしてバイク寄託をしなくてはいけません。
会場はスイムスタートの猪苗代湖。

ちょっとシュミレーションしてみましょう。
電車を乗り継いでで会津若松駅に到着。
宿泊する駅近のホテルに一度行って、事前に送っておいたバイク一式を受け取って、バイクを取り出し、また会津若松駅にいって電車で猪苗代湖駅まで。
ちなみに会津若松駅から猪苗代湖駅を結ぶ磐越西線の運行は1時間に1本…。所要時間は30分。
そしてこの移動のために輪行袋が必要となります。
猪苗代湖駅についたらバイクを組み立てて、自走で会場まで。
雨だったらどうする。タクシー?

会場について受付、競技説明会、バイク寄託をすませた後、また猪苗代湖駅まで戻らないといけません。
もうバイクを預けてしまったのでタクシー?
それからまた1時間に1本の電車を待って、会津若松駅までもどらないといけません。
これだけで、時間と労力とお金もそこそこかかります。考えるだけでぐったり。

当日は6時前には会津大学にいって、そこから大会バスにのって猪苗代湖まで行かなきゃいけないのですが、会津若松駅付近のホテルに宿泊した場合でも、大学まではそこそこの距離がありそうなので、タクシーで行くことになるのでしょうか。
だとしたら早朝なので予約しないといけませんかね。

という感じで車がないと一事が万事移動に頭を使わなくてはいけません。
タイムロスが多いですし、意外にちょこちょこお金がかかります。

そう考えると、家からレンタカーに荷物を全部詰め込んで移動する方が簡単だなという気がしますね。

今回は、妻の両親も一緒の予定なので、できればもう一泊してゆっくりしていきたいと思っています(仕事の都合がつけば)。

だとすれば、レース後のぐったりした体で高速をひた走ることは避けられるので、その点は安心。
帰る時も娘のストレスを考えて、なるべくこまめにサービスエリア寄ったりする作戦をとれば、何とかなりますかね。

バイク事前輸送と電車でのんびり移動、というプランはなかなか魅力的なので、今後条件があいそうな大会に出る時にまたトライしたいと思います。
今回バイク輸送に関しても色々調べてためになったので、それは無駄じゃなかったかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

うつくしまに決めた!?(今年のレース計画) [レース]

さて、今年のレース計画の話です。

目標はスプリント1本、ショート(51.5km)1本。

スプリントの方は、横浜トライアスロンに決定済み(「横浜トライアスロン(スプリント)に初挑戦決定!」参照)。

で、ショートの方が決まらずうだうだ悩んでました(「2017年のレース計画(思案中)」参照)。

やはり子連れ大移動という大問題がネックになってます。
この間、家族で沖縄旅行をしたのですが、えらい疲れました。
ただの旅行でさえそれなのに、バイクやら何やらレースの大荷物が加わるとなると、お、おそろしや。
ま、バイクの移動方法などのことはまた考えます(輪行ではなく輸送にするとか)。

で、レースですが、本決まりではないものの

うつくしまトライアスロン(福島・会津)

これにしようかと!

前から候補には挙げていた大会ですね。
結構人気大会です。

埼玉からも比較的行きやすいというのがポイントですね。

でも一番の理由は、

妻の両親が乗り気!!

これにつきます。

実は会津は、お義母さんの故郷(今はうちの近くの駅に住んでます)。
で、毎年9月頃にお墓参りにご両親は会津に帰っているのですが、
ある時、妻が「今年は会津の方のトライアスロンも考えてるみたいよ」と言ったところ、
じゃあ帰省を少し前倒しして、一緒に行くか、という話が出てきました。

別に私のレースの応援をするというわけではなく、孫と旅行をしたい!ということらしいですが、私としては願ったりかなったり。

荷物も少し手伝ってもらえそうですし、何より娘の面倒を一緒に見てくれる。
これが何より助かります。

レースとなると、私は前日の受付、説明会参加、当日も早朝出発、そして昼ぐらいまでレース、ということで、妻にはその間ひとりで娘を見ていてもらわなくてはいけません。
そこに両親が加わってくれるなら、私も安心してレースに臨めます。

というわけで、今年は8月27日開催予定らしいうつくしまトライアスロンに出場予定です!

本音をいうと、猪苗代湖でスイムをして、バイクで磐梯山をくだり、会津大学でランのフィニッシュを迎えるというこの特徴的なコースが、個人的にいまひとつなんです。
いや、コース設定にけちをつけているわけではなくて、バイクが下り基調というところがちょっと…。

のぼりがあって、くだりがある、ならいいんです。
でも、この大会ワンウェイコースでバイクは基本下り基調だといいます。

ランに足が残せるからいい、という意見もありますが、個人的にはバイクがきつい方がトライアスロンの醍醐味があって楽しい気がするんです。
レースは、日ごろのトレーニングの成果を発揮する舞台と考えている私ですが、下り中心コースだと、練習で鍛えた脚力という要素の他に、体重の重さ、とか、恐怖心をなくしてブレーキをかけない勇気、とか、そういう別の要素が大きく関わってくる気がして、ちょっと面白くないというか…。

いや、もちろんどんなコースでも速い人は速い。遅い人は遅い。
それが逆転するようなことはない、というのはわかっているんですが、
ただその実力差が、上記の他の要素で少し縮まってしまうという面はあるのではないでしょうか。

誤解なきように言いますが、別に自分はのぼり大好きのクライマーでもないですし、
そもそもバイクが得意なわけでもありません(リザルト的にも中の中。甘く見積もって中の上)。
それでも、やはり純粋な実力勝負ができるコースの方が魅力を感じるんです。
(「いやいや、十分このバイクコースきついぞ」とかいう大会経験者の方がいたら教えてください)

そんなところが引っかかって、エントリーを見送っていたうつくしまトライアスロンですが、
それより何より今は家族連れで参戦できることが最優先です。
ご両親の協力が期待できそうな今回は、喜んで会津へGO!

それと、孫と旅行にいかせてあげる(というとえらそうに聞こえますが)って、何よりの親孝行だと思うんです。
いつかは自分の両親とも、とは思いますが、まずは日ごろからお世話になっているお義父さんお義母さんに、娘との楽しい旅行の記憶をつくってもらいたい、というのが本音です。

まだまだ予定段階ですが、今のところそんな方向で検討してます。
トランジションとか複雑そうなので、もっと情報収集しなくては!




日々のトレーニングなどをつぶやいてます。トライアスリート、サイクリスト、ランナーの方々、よろしければフォローしてみてくださいませ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

横浜トライアスロン(スプリント)に初挑戦決定! [レース]

《2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会》抽選結果のお知らせがきました(知らない人に大会名だけ話したら勘違いされそうな大会名ですよね)。

おそるおそる見ると、お!当選!!

といっても51.5kmのスタンダードディスタンスではなくて、その半分のスプリントディスタンスの方にエントリーしていたんですけどね。

大人気大会の横浜トライアスロンですが、スタンダードではなくスプリントならまだ倍率も低いかと思い、そちらにエントリーしていたというわけです。
でも、スタンダードの定員は810名だったに対し、スプリントは250名だったので、そういう意味ではこちらも決して楽観はできませんでしたね。
ま、結果オーライ。

今まで何度かギャラリーとして観戦して、(次は絶対出るぞ!)と心に誓いながら、何だかんだでエントリーすらしたことがなかった、いわゆる一人出る出る詐欺状態が続いていましたが、これでようやく憧れのレースに出ることができそうです。

〈過去に観戦した時の記事〉
2016年→「横浜トライアスロン観戦のススメ
2015年→「刺激をもらった横浜エリート観戦」(旧ブログ)
2012年→「横浜トライアスロン観戦記」(旧ブログ)

とりあえず初戦、というか今年のスプリントレースはこれで決まり。
あとスタンダード一本も現在引き続き検討中。

横浜は5月か…。案外近いぞ!
目標が明確になると、やはりトレーニング熱も増しますね。
うーん、一番の課題はスイム。とくにOWSの練習をしなければなぁ。




日々のトレーニングなどをつぶやいてます。トライアスリート、サイクリスト、ランナーの方々、よろしければフォローしてみてくださいませ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

[再録]過去の昭和記念公園トライアスロンレースレポート [レース]

160622.jpg
日本各地でトライアスロンの熱戦が展開されてますね。
さて、私がエントリーしている立川昭和記念公園トライアスロン大会ももうすぐです。わくわく。


スポンサードリンク


昭和記念公園で行われるトライアスロンには、これまで2011、2012、2014年の3回、出場しました。
といっても、いずれも今回エントリーしている7月大会ではなく、9月に行われるチームケンズカップの方でしたけどね。

それでも先日送られてきた参加決定通知のコースマップを見ると、9月大会と特に変わるところはなさそうなので、今までの経験はいかせそうです。

過去の経験をもとに昭和記念公園トライアスロン攻略法をまとめたいところですが(情報はみんなで共有しましょう)、まずはこれまでの出場時の様子を振り返っておきたいと思います。

2012、2014のレースレポートを旧ブログに書いていたので、若干修正したものを再録しておきます。

2012年9月大会
[再録]2012昭和記念公園トライアスロン(スタートまで編…)
[再録]2012昭和記念公園トライアスロン(炎のスイム編)
[再録]2012昭和記念公園トライアスロン(暗雲のバイク編)
[再録]2012昭和記念公園トライアスロン(失意のラン編)
[再録]2012昭和記念公園のリザルトから考える現状と今後

2014年9月大会
[再録]2014昭和記念公園トライアスロンレポート

どうでしょう。
人によっては何かヒントになることがあるかも?
まずは自分でじっくり読み返して、注意点や改善点を見つけたいと思います。

TR9 SH-TR900 SPD-SL シューズ ブルー シマノシューズ bebike

価格:21,060円
(2016/6/22 22:13時点)




日々のトレーニングなどをつぶやいてます。トライアスリート、サイクリスト、ランナーの方々、よろしければフォローしてみてくださいませ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(8) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - レース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。